クレジットカードの現金化は可能?よくある疑問解決について分かりやすく解説

当サイトでは、クレジットカードの現金化は可能なのか、もしくは審査はあるのかという初歩的なことから、紹介されているサイトを調べるコツなどまで幅広く情報提供を行っています。
このサイトを見れば、様々な疑問を解決することができるでしょう。
この方法で現金を獲得する方法にはリスクも伴いますから、きちんとした知識を得ることが欠かせません。
知らずに行うと取り返しのつかないことになる可能性もあるため、しっかりと学ぶことが大事です。

クレジットカードの現金化は可能?よくある疑問解決について分かりやすく解説

最近、インターネットでクレジットカードの現金化という手法が盛んに紹介されており、それをサポートしてくれる業者もたくさん登場しています。
これについて違法なのではと疑問を持たれる方が少なくありません。
クレジットカードの現金化は、法律に違反しているというわけではありませんが、しかしクレジットカード会社の規約には明確に違反する行為になります。
そのため、カード会社に現金化をしている事が知られてしまうと、強制退会や一括返済を迫られる危険があります。

クレジットカード現金化の仕組みや流れとは?

どうしてもお金を準備しなければいけなくなった場合、多くの人が利用しているのが「クレジットカード現金化」です。
ただこの方法を利用したことがない人にとって、どのような仕組みや流れとなっているのか全くわからないという声も少なくありません。
そこで一般的に利用されているクレジットカードから現金にする様々な方法をチェックしていきましょう。
一般的に利用されることが多い方法の1つが、家電製品や新作ゲーム、ブランド商品など換金率の高い商品をクレジットカードで購入した上で、リサイクルショップやネットオークションなどで転売を行なうことで現金化する方法です。
購入した商品の換金率がどれくらいになるかは、事前に商品の下調べをしておくことが欠かせないため、リサーチ不足では購入金額よりも安い金額になってしまう可能性もありますし、上手くいけば購入金額よりも多くのお金を手に入れることも可能です。
この方法では即日現金にすることが難しいことも多いので、急いでお金を手に入れたいと思った場合には向いていないので注意しましょう。

クレジットカード現金化する際の一般的な手順とは?

今すぐお金を用意しなければいけないという時、便利だといわれているのが「クレジットカード現金化」です。
一般的に現金化専門業者に依頼すると手数料などが発生しますが、カードトラブルがなくリスクの心配がないといわれていますが、余計な手数料を払うのはもったいないと感じる方も多く業者を頼らず自身で現金化させる人も増えています。
業者にクレジットカード現金化を行なう一般的な手順としては、換金率の高い商品を買って転売するという方法がとられています。
換金率が高いとされる製品は、家電製品や新作ゲーム、ブランド商品など中古品でもコンディションが良ければ価値がある物として判断されやすく売れやすい傾向にあります。
換金率の高い製品をクレジットカードで購入したら後はオークションやフリマアプリ、リサイクルショップなどに持っていき転売することで簡単に現金に換えることができます。
できるだけ高い換金率の製品を見つけたいなら、取引する商品の情報を常に下調べする習慣をつけておくとプレミアが付いているものを上手く仕入れることが可能ですし、上手くいけば購入金額よりも多くの現金を手に入れることが可能です。

クレジットカード現金化の主な方法とは?

クレジットカード現金化の方法ですが、一般的に言えば、カードで何らかの商品を購入してそれを高い値段で買い取ってくれるお店に持ち込むことになります。
この図式が成立すれば対象はどんなものであっても良いわけですが、高い値段が付くかどうかを考えた場合、新古品であってもあまり価値が落ちることがなく、かつできるだけ大きく安定した需要があるものが好ましいです。
典型例は、クレジットカードで商品券とか新幹線の回数券などを購入し、金券ショップに持ち込むことでしょう。
商品券や回数券は正規ルートで購入しようが金券ショップで購入しようが価値的には差がありませんし、安定した需要が見込めるため、この目的には非常に適しています。
ですがカード会社は現金化を規約で禁止しており、その内容として換金性の高い商品を高頻度で購入しているなど不審な状況があれば、解約できるというように定めていたりします。
ですので他の商品、例えばブランド品とかゲーム機などが利用されることもあります。

クレジットカードが手元に届けば即現金化は可能?

基本的にクレジットカードが手元に届けば即座に現金化は可能です。
クレジットカードの現金化とは、別にカード自体を現金と引き換えに他人に売ったり貸したりするようなものでは一切ありません。
このようなことをすると大きな犯罪に巻き込まれることが十分に考えられますから行うべきではありませんが、現金化とはまずカードでショッピングを行い、購入した商品を買い取ってもらうことを指します。
カードで買い物をするのは当然というかそのために保有するものですし、購入した商品は自分のものですから、中古品市場やオークションで売ることと本質的には何ら変わるものではないわけです。
自分に届けられた時点で利用はできるようになっているはずですので、堂々とそれで買い物を行い、それを高値で買い取ってくれるお店に持ち込むことで現金化ができます。
分割払いなどにしておくことで支払いを引き延ばすことができますので、実際にはそのようにしたほうがよいでしょう。

クレジットカード現金化の還元率はどれくらい?

クレジットカード現金化を考えているけれども、還元率はどれくらいなのかと気になっている人が多いかもしれません。
一般的に現金化を行う際の換金率の相場は、おおよそ6から8割程度とされています。
現金化する際の商品によっては、高額な還元率になるものもあります。
それに該当するものとしては、図書カードや商品券などが挙げられます。
これらは相場が90%を超えることもあり、現金化の際には高額換金率として非常に高い価格が期待できるでしょう。
図書カードはデザインの種類によっても違いがあり、一般の図書カードは92%、限定デザインとなると98%にもなります。
しかし現金化の換金率からはその他にも様々な手数料が差し引かれることになります。
商品を購入する際の消費税や業者の利益手数料、クレジットカードの決算手数料や振り込み、現金引き出し、郵送の配送料等が該当します。
また業者によりプランの違いがあり、即日プランの場合にはすぐに現金が受け取れるのですが、割合は低めに設定されていることが多いです。

クレジットカード現金化における換金率とは?

クレジットカード現金化を考える場合、換金率は無視できないポイントです。
これは簡単に言えばその商品をクレジットカードで購入した金額と、それを買い取ってもらって自分の手元に来るお金との比率ということになります。
例えば10万円の商品をカードで購入したと仮定して、その商品ははたしていくらで引き取ってもらえるでしょうか。
もちろん商品の種類とか人気や買取店舗の状況に左右されるため決まった答えなどありませんが、例えば8万円であったとすれば80%ですし7万円なら70%です。
当然ながらできるだけ10万円に近い金額で買ってもらい、100%に近い率のほうがありがたいわけで、そのためにはどのような商品が適当なのか、買い取ってもらう店舗はどこが適切なのかをリサーチすることが大事になってきます。
なお、当然のことですが10万円で購入した商品は、何か特別な理由がない限り10万円以上の値段で買い取られるようなことはありません。

クレジットカード現金化の業者選びで重視すべきポイントは?

クレジットカード現金化の際、業者選びはかなり重視すべきポイントです。
結局のところ換金率というか、自分がクレジットカードを使って購入した金額と、業者に商品を売却して手にすることができる金額との比率は高ければ高いほどうれしいわけですが、これは業者選びによって決まる点が大きくなります。
ですので、比較や選択の際には、この換金率を特に重視し、できるだけ高いところを選ぶようにすると失敗の可能性が少なくなります。
中にはこちらの足元を見るような形で、まず指定の商品を購入させた上で一般的には到底ありそうもない低い買取り価格した提示せず、こちらが難色を示すとウチはこれでやらせてもらっているなど訳の分からない説明に終始するところもあります。
かといって他の業者を当たるにも、既に指定の商品を購入させられてしまっているのでそれもままならないといったように、前にも進めず後ろにも引けないといった状況に追い込まれてしまう可能性もあるかもしれません。

クレジットカード現金化にはどのようなリスクがある?

クレジットカード現金化のリスクですが、カード会社に目をつけられた場合にはそのクレジットカード利用を停止される可能性があります。
カード会社は現金化は本来の利用方法ではないとして認めておらず、その一方では利用者が購入した商品を売ろうが譲ろうがそれ自体は基本的に個人の自由ですので、禁止するようなことは困難です。
従って、例えば商品券など換金性の高い商品を高頻度で購入しているなど利用状況に不審な点がある場合には、カード会社の判断で利用を停止できると規約に書くことで対応しています。
カードを誰に発行するか、誰に利用させるかは会社側の決定次第ですので、もしこの規約が気に入らないのであれば別にウチのカードは使って頂かなくて差し支えありませんと言われれば、利用者側としてはそれ以上抗議するようなことはできません。
もし継続的に利用したいと考えているのであれば、不審に思われないような使い方に注意する必要があります。

クレジットカード現金化の際に気をつけなきゃいけない注意点とは?

クレジットカード現金化の際の注意点ですが、主に2つあります。
一つはカード会社に不審に思われないようにすることで、もう一つは買取自体をめぐるトラブルに巻き込まれないようにすることです。
クレジットカード現金化は規約で禁止されているのですが、これは購入した商品を売ること自体を禁止しているのではなくて、換金性の高い商品を繰り返し購入しているなど不審な状況がある場合とされています。
これに該当すると見なされないようにしないと、カードの利用をストップさせられるおそれがあります。
買取自体をめぐるトラブルとは、約束した金額を支払ってもらえないとか、他の一般的なお店に比べて著しく低い金額しか支払われないといったことが挙げられます。
自分で自由に商品を購入した上でお店に持ち込むケースとは異なって、最初からその店舗が指定する商品を購入し、場合によっては自分が商品を見ることさえなくそのまま売却するようなケースではこの可能性が高くなります。

クレジットカードに関する情報サイト
クレジットカードの現金化とは?

当サイトでは、クレジットカードの現金化は可能なのか、もしくは審査はあるのかという初歩的なことから、紹介されているサイトを調べるコツなどまで幅広く情報提供を行っています。このサイトを見れば、様々な疑問を解決することができるでしょう。この方法で現金を獲得する方法にはリスクも伴いますから、きちんとした知識を得ることが欠かせません。知らずに行うと取り返しのつかないことになる可能性もあるため、しっかりと学ぶことが大事です。

Search